本文へ移動

法人

基本理念・方針

理 念

 「地域とともに明るく豊かな生活をめざして」


基本方針

1 利用者の基本的人権を保障し、主体性を尊重した自己実現の支援をする。
  ・利用者を独立した人格として尊重し、人権の擁護に最大限努める。
  ・利用者が 主体的に自己実現が図れるよう、できる限り支援する。


2 利用者の多様なニーズに対する福祉サービスを総合的に提供する。
  ・利用者の個々の生活に対応したサービスを提供する。
  ・ノーマライゼーションの考えを踏まえ、「ともに生きる」ための生活環境を構築する。


3 地域社会資源におけるネットワークを構築し、地域に根ざした施設を目指す。
  ・他法、他機関を含めた社会資源とのネットワークを活用し、利用者のニーズに応じた支援
   を提供する。
  ・施設が地域の社会資源として機能することを目指す。


4 より良いサービスを提供するためには、職員の高いモラルと職務に対する専門性が不可欠である事
  から、職員は常に自己研鑽に励む。
  ・職場内研修を意欲的に実施し職場外研修にも積極的に参加する。
  ・各業務に役立つ専門資格を取得できるよう、職場として支援する。
 

職員倫理綱領

 私たち社会福祉法人青森県玉葉会職員は、利用者一人ひとりの尊厳と基本的人権を守り、専門的知識と技術
によって利用者の自己実現を可能とするため最大限の努力をもって職責を全うすることを宣言いたします。
 
第1条(個人の尊重)
  私たち職員は、利用者に対していかなる理由による差別も行うことなく、利用者一人ひとりをかけがえの
 ない存在として尊重いたします。
 
第2条(体罰の禁止)
  私たち職員は、利用者を決して否定することなく、いかなる場合であっても、体罰・暴力・虐待等人権を
 侵害する行為はいたしません。

 第3条(自己実現の尊重)
  私たち職員は、利用者の自己実現に向けて個性や主体性を尊重し、可能な限り最大限のサポートをいたし
 ます。
 
第4条(プライバシーの保護)
  私たち職員は、利用者のプライバシーを尊重し、財産や個人情報についてはその秘密を守り、安心できる
 生活の提供に努めます。
 
第5条(知る権利の保証)
  私たち職員は、利用者が求める情報を積極的に提供するとともに、分かりやすい方法によって説明するよ
 う努めます。
 
第6条(意見表明権の尊重)
  私たち職員は、施設で提供されている各種サービス等について、常に利用者から意見・要望・苦情等を求
 め、より良いサービスの提供に努めます。
 
第7条(質の高いサービス提供の責務)
  私たち職員は、利用者の皆さんに安全で安心、そして満足いただけるよう福祉サービス第三者評価受審、
 利用者サービス満足度調査を実施し、更なる質の高いサービスの向上を目指します。
 
第8条(情報公開の責務)
  私たち職員は、利用者家族や地域社会等からより一層の施設への理解と支援をいただくため、白鳥ホーム
 だよりやホームページ等で積極的に情報の公開をいたします。
 
第9条(不正の禁止)
  私たち職員は、常に適切な施設運営を心がけ、信頼される職員を目指して不正は決していたしません。
 
第10条(専門的サービス提供の責務)
  私たち職員は、常に自己の専門的知識・技能水準の維持向上に励み、専門性の高いサービスの提供に努め
 ます。
 
                                        令和3年4月1日制定

施設概要

法人名社会福祉法人 青森県玉葉会
理事長木村敏昭
施設名救護施設 白鳥ホーム
所在地〒039-3314 青森県東津軽郡平内町大字盛田字堤ヶ沢126
電話番号017-755-3274
FAX番号017-755-2698
E-mailhakuchou-home@minos.ocn.ne.jp
施設名平内町地域活動支援センター しらゆき
所在地〒039-3321 青森県東津軽郡平内町大字小湊字小湊72-5
電話番号017-763-5962
FAX番号017-763-5963
E-mailshirayuki-tikatsu3@hakuchou-home.jp
施設名 指定共同生活援助事業所 ハイツ花つばき
住所地〒039-3321 青森県東津軽郡平内町大字小湊字小湊86-1
電話番号017-752-0789
FAX番号017-752-0790
E-mailhaitu-hanatubaki@hakuchou-home.jp

沿革

昭和37年12月27日  社会福祉法人青森県玉葉会設立認可
昭和38年 2月25日  救護施設 白鳥ホーム設置許可
             救護施設白鳥ホーム事業開始(38.1.1)定員50名
昭和38年 8月 1日  定員75名となる
昭和41年12月 1日  定員100名となる
     12月22日  「愛のこだま基金」事業を青森県より運営委託
昭和44年12月 1日  定員120名となる
昭和53年10月30日  白鳥ホーム体育館新築(288㎡)
昭和57年 3月30日  白鳥ホーム全面改築(2,752.36㎡)
昭和58年 4月 1日  定員130名 
平成 元年 3月25日  スプリンクラー設備設置
平成 3年 2月15日  白鳥ホームグラウンド(1.855㎡)
             駐車場等(691㎡)整備
     12月20日  地域交流ホームのぞみの家(40.525㎡)完成
平成 4年10月22日  法人設立、救護施設白鳥ホーム開設30周年記念及び
             地域交流ホームのぞみの家竣工記念式典施行
平成14年11月 2日  法人設立、救護施設白鳥ホーム開設40周年記念
平成24年10月23日  法人設立、救護施設白鳥ホーム開設50周年記念
平成25年 4月 1日  平内町地域活動支援センターしらゆきを平内町より経営委託
             (平内町大字浜子字堀替36番地1)
平成25年10月 1日  救護施設居宅生活訓練事業及び一時入所事業開始
平成26年 4月 1日  地域交流センターはくちょう(197.42㎡)開設
             (平内町大字小湊字小湊72番地5)
             平内町地域活動支援センターしらゆき移転
             ( 同 上 )
平成27年11月 1日  指定共同生活援助事業所 ハイツ花つばき(198.36㎡)開設
             (平内町小湊大字小湊86番地1)
0
4
6
7
3
5
TOPへ戻る